レンタルサーバーを借りる

サーバー

自分のwebサイトをつくる時、まずはサーバーを用意しなくてはなりません。

自分で作るか借りるかの二択なのですが、自分で用意するには専門知識と手間が必要です。設置、管理、セキュリティ対策など。

なので、ほとんどの人がレンタルサーバーを借りているんじゃないでしょうか。わたしもレンタルサーバーを利用させてもらっています。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーには、無料レンタルサーバーと有料レンタルサーバーがあります。

どちらも容量などに制約がつきますが、広告の有無を含めて自分に合ったところを選んで借りることになります。

有料版と無料版の両方を用意しているところもあるかと思います。

容量が足りなかったら切り替えたり乗り換えたり。規約に沿っていればそれは個人の自由です。

プロバイダーで借りる

簡単なblogなどならso-netなどのプロバイダーでも用意していたりするので、自分の使っているプロバイダーを調べてみるといいかもしれません。

テンプレートが用意されているので見やすく簡単に作れます。

同じプロバイダーのブログ同士で新着や人気なblogの案内がされるのもいいかもしれません。

容量は少ないですが無料なのも良いところです。

無料レンタルサーバーを借りる

HTMLやスタイルシートを自分で触りたい、レンタルサーバーを借りたいけどお金はかけたくない。そういう時は無料のレンタルサーバーを借りて試してみるのもいいですね。

無料レンタルサーバーはたくさんあります。もちろん無料な分制約されることもありますので「無料だからどこでもいいや~」ではなく、安全面を含めてクチコミなどよく読んで決めてください。

企業が運営しているところもあれば個人設営されているところもあります。そして無料ですのでいきなり運営中止になるリスクもあります。

有料レンタルサーバーを借りる

無料との大きな違いは容量、広告の有無、独自ドメインがとれる、商用利用ができるあたりでしょうか。困ったときにサポートしてくれるのも有料の強みですね。

こちらも料金やプランは各社違いますので自分で選ぶ必要があります。最近は数百円から借りられるところもあるので敷居は下がっているように思います。

運営中止のリスクがないわけではありませんが、大手といわれるところなら安定しているのでその心配はほぼ無いと思います。

補足ですが独自ドメインを取っておくと、レンタルサーバーを変えた際にもドメインはそのまま使えるのでwebサイトはそのまま残ります。

XSERVER

わたしの場合、プロバイダーのblogも無料レンタルサーバーを借りての運営も以前やったことがありました。

直近ではゲーム仲間とのコミュニケーションのためのwebサイトを夫の借りていた有料レンタルサーバー内で作っていたのですが、そのゲームを引退したのと夫がレンタル先を変えたので中止に。

今回は独自ドメインを取りたいと漠然と思いリサーチしていたのですが、その中でも「ここがいいな」と思ったのはXSERVER(エックスサーバー)でした。

XSERVERは有料レンタルサーバーです。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
高速かつ高い安定性を誇る高性能レンタルサーバー【エックスサーバー】稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る高品質レンタルサーバーです。月額990円(税込)から利用可能。まずは無料お試し10日間。

そんな話を夫にしたところ、「俺、XSERVER借りてるよ」とのこと。どうやら以前のところから切り替えたのがXSERVERだったらしいです。

仕事用に借りている夫とは別にわたしもXSERVERでドメインを取り運営することにしました。

WordPress

次にサイトを作る技術にうとい自分が、自分のイメージ通りにサイトを作るにはどうしたらいいか?何が必要か?と思っていたらやたらとWordPressという言葉が出てくるので調べました。

WordPressとは?ワードプレスの特徴をわかりやすく紹介
WordPressとは、世界で最も人気の高いCMS(コンテンツ管理システム)です。ワードプレスを使えば、簡単にブログやホームページを作成することができます。この記事では、WordPressの特徴やメリット・デメリットついて紹介します。

テーマやプラグインが豊富で先人達のノウハウがあり困ったときの引き出しに期待ができそう!

ということでXSERVERとWordPressがわたしの中でセットになり、早速借りてドメイン取ってインストールして紐づけました。

Google AdSense

XSERVERとWordPressをセットにして検索をかけると、今度はよくGoogle AdSenseが出てきました。

Google AdSense - ウェブサイトを収益化
Google AdSense を使用してウェブサイトを収益化しましょう。広告のサイズは自動的に最適化され、表示とクリックが促進されます。

簡単に言うとアフェリエイトの一種で、広告をクリックしてもらうと収益が入るものです。

クリックした上で買ってもらわないと収益にならないものより単価は安いけどクリックさえしてもらえばいいので気軽な感じ?

ただ、審査が厳しい(厳しくなった)との意見もあります。

このGoogle AdSenseの審査を通る対策に「独自ドメイン」と「WordPressでサイトを作る」というのが入っているようなんですよね。

禁止コンテンツや著作権などに関する規約を守った上で、しっかりした作りでないと審査に通らない感じですかね?

せっかくなので「Google AdSenseの審査通過」を目指してサイト作りをしてみることにしました。目標があるとやりがいもあるしね!

WordPressのテーマについて

WordPressのテーマ
サーバーを借りてWordPressを入れてwebサイトを作る基礎はできました。 次はWorsPressのテーマを決めたいと思います。 テーマとは メニューの中の「外観」に含まれる「テーマ」は変えるだけでサイトの印象が全然ち...

 

web関連
\ この記事をシェアする /
\ follow me ! /
スポンサーリンク
Nyantastic Life

Comment