Google AdSenseの審査①

Google AdSenseとは

Google AdSense - ウェブサイトを収益化
Google AdSense を使用してウェブサイトを収益化しましょう。広告のサイズは自動的に最適化され、表示とクリックが促進されます。

簡単に言うとアフェリエイトの一種で、広告をクリックしてもらうと収益が入るものです。

無料で使えて、表示される広告は見ている人に合わせて自動で選ばれます。

ただし申請すれば誰でも使えるものではなく、審査に通過しないと参加できません。

審査が厳しくなったとの声をよく聞きますので、しっかりした作りのサイトじゃないと通過しないと考えられます。

せっかくサイトを作るなら目標にしてみよう

わたしは「Google AdSenseの審査に通過すること」をこのサイト運営のひとつの目標にすることにしました。

ということで、まずはGoogle AdSenseの審査通過について調べてみました。

Google AdSenseの審査について

なぜ審査があるか

Googleが広告主とサイトを見た人にとって有益な情報があるか判断するためです。審査基準は毎年変化しているとも言われていますが、詳細はGoogleにしかわかりません。

双方に有益でなければ商売は成り立たないので、それが「物」ではなく「情報」であっても審査があるのはうなづけます。そしてそのための規約もあります。

情報にニーズがあるかどうかというのは情報を発信する側からみても興味があります。

Google AdSenseの審査基準

毎年変わるらしいとはいえ基本的なことは変わらないようです。(2019年版)

独自ドメインを取得している

どうもこれが必須項目なようです。わたしの場合はXSERVERを借りてドメインを取得しました。

レンタルサーバーを借りる
サーバー 自分のwebサイトをつくる時、まずはサーバーを用意しなくてはなりません。 自分で作るか借りるかの二択なのですが、自分で用意するには専門知識と手間が必要です。設置、管理、セキュリティ対策など。 なので、ほとんどの人がレ...

サイトを作るのにWordPressを使っていますが、WordPressはレンタルサーバーも提供しているのでまとめてそちらでドメインを取るのもありですね。

規約にある禁止コンテンツは掲載しない

Google AdSenseには禁止コンテンツが明記されています。

アダルトコンテンツ・・・ポルノ、アダルト、成人向けコンテンツを含むページ。
家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ・・・一般向けを装ったアダルトコンテンツ、子供向けキャラクターの悪質な描写など。
危険または中傷的なコンテンツ・・・自身・他人・肉体・精神・個人・集団・人種・民族・宗教・国家・年齢・性別・健康etc.あらゆるものに対する中傷・攻撃・被害・差別などを指示・支持・賛辞・助長する行為・虚・隠ぺい・テロ支援など。
危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ・・・危険ドラッグの宣伝。危険ドラッグの使用を補助する商品やサービス。危険ドラッグの製造、購入、使用方法を指南するコンテンツ。薬物の使用に関するヒントやアドバイスを交換するフォーラム。またそれらを参照先とするリンクの掲載。
アルコール・タバコ・賭博に関するコンテンツ・・・オンラインカジノやブックメーカーに関するコンテンツも含む。
ヘルスケアに関するコンテンツ・・・(ヘルスケアと医薬品に関する各地の法律や規制を遵守するため)処方薬のオンライン販売。未承認の医薬品とサプリメントの販売。医薬品有効成分や危険な成分を含有するハーブ系サプリメントや栄養補助食品の販売。紛らわしい名前の商品の販売。
ハッキングやクラッキングに関連したコンテンツ・・・ソフトウェア、サーバー、ウェブサイトの改ざんやそれらに不正にアクセスできるようにする手順や手段をユーザーに提供するコンテンツ。
報酬プログラムを提供するページ・・・広告のクリックやウェブ サーフィン、メールの閲覧といった作業を行ったユーザーに対して支払いや報酬を約束するページ。

不適切な表示に関連するコンテンツ・・・

  • 虚偽表示や不明瞭な表現でユーザーをコンテンツに誘導する
  • ユーザーの情報を「フィッシング」する
  • 虚偽、不正、または誇大な主張(「一攫千金」など)によってコンテンツや商品、サービスを宣伝する
  • Google サービスを偽装する
  • 特定の個人、組織、商品、サービスと提携関係にある、またはそれらの支持を受けていると偽って示唆する
  • 自分の母国や自分自身に関する重要情報を偽装または隠匿し、自国以外の国のユーザーに政治や社会問題、社会的関心事に関するコンテンツを配信する
衝撃的なコンテンツ・・・不快感を与える記述や画像、暴力の描写、悪態や罵り言葉を含むコンテンツ。
武器および兵器に関連するコンテンツ・・・武器や兵器に関連する販売や紹介。
不正行為を助長するコンテンツ・・・文書の偽造。レポートの販売または配布。偽造文書の作成や身代わり受験など。
違法なコンテンツ・・・偽造品。未成年者の性行為、強制的な性行為、違法な性行為に関するコンテンツなど。

以上を守りクリーンなサイトを作りましょう。

※2019年9月30日をもってGoogle AdSenseのポリシーが変更されました。上記コンテンツに加えて以下のものが明確に禁止されています。

絶滅危惧種の販促コンテンツ、知的財産権を侵害するコンテンツ、知的財産権を侵害するコンテンツ、国際結婚を斡旋するコンテンツ、Google Playストアから削除されたアプリ
詳しくは公式サイトをご覧ください。

著作権違反をしない

引用の範囲なら問題ないですが、他人の作ったものを自作したかのようにふるまうのはダメです。アウトです。申請が下りないだけでなく、今のご時世だと訴訟問題になる可能性もあります。

※こちらは知的財産権の侵害にあたり、2019/9/30のポリシー改正により禁止事項になりました。

一定のボリュームがある

これはとにかく記事を書くしかないところです。毎日1つずつ記事を書いて更新するのみです。

審査に必要な記事数が明記されているわけではないですが、スカスカなサイトが審査に通る確率は低いと思います。

ニーズのある記事が書かれているか

例えばだらだらとした日記を書かれても読みたい人は少ないと思います。何かひとつ、これについて書きたいなというテーマに絞って記事を書きましょう。そうすると、そのテーマに興味のある人が記事を見に来てくれるようになり、その需要に対してGoogleが広告を載せる価値があると判断してくれます。

まだあります

さて、ここまでが基本的なところですが、まだやっておきたいことがあります。

Google AdSenseの審査② 申請と結果
まだある、やっておきたいこと 前回のGoogle AdSenseの審査基準の他にまだやっておきたい事があります。 INDEXをつくる INDEX=目次がないとサイトに来た人が目的の記事を見つけられません。検索エンジンの巡回にも...
web関連
\ この記事をシェアする /
\ follow me ! /
Nyantastic Life

Comment