WordPressのテーマ

サーバーを借りてWordPressを入れてwebサイトを作る基礎はできました。

レンタルサーバーを借りる
サーバー 自分のwebサイトをつくる時、まずはサーバーを用意しなくてはなりません。 自分で作るか借りるかの二択なのですが、自分で用意するには専門知識と手間が必要です。設置、管理、セキュリティ対策など。 なので、ほとんどの人がレ...

次はWorsPressのテーマを決めたいと思います。

テーマとは

メニューの中の「外観」に含まれる「テーマ」は変えるだけでサイトの印象が全然ちがうものになります。

スマホアプリの着せ替え機能に似ています。

テーマは「見た目やデザインだけでなく、機能を含めたテンプレート」と言えばわかりやすいでしょうか。

カスタマイズ前提のシンプルなものもあれば、凝ったスタイリッシュなものもあります。

数あるテーマから好きなものをいくつかインストールしておけばボタン一つで切り替えられますし、変える前にプレビューで変わり様を確認することもできます。

有料テーマも無料テーマもある

有料テーマも無料テーマもありますが、人気のものや使用感は使っている人の記事を読んだ方が参考になりますので検索してみましょう。

有料テーマは買ってしまえばサポートされますが、初期費用としては少し高いです。

個人的に気になる有料テーマもいくつかあるのですが、商用サイトでもないですし最初はお金をかけずに無料テーマで始めてみました。

(まだまだ物足りなく感じるほど使いこなせていないので現状このままな気がしますが)

無料テーマを選ぶ時の注意点として、WordPressは本体のバージョンアップがたまにあるので更新のマメなテーマを選びましょう。対応バージョンが古いままで不具合が起きることを防げます。

COCOON

わたしが選んだ無料テーマはCOCOON(コクーン)です。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

・見た目がシンプルなこと

・最初からついている機能が優秀でメニューなどのインターフェースがわかりやすいこと

・使用しているユーザーが多いこと

・更新がちゃんとされていること

このあたりを重視して選んだのがCOCOONでした。

更新がマメなテーマはセキュリティの向上や新しい機能なども提供してくれるので、使っているユーザーも多く(人気も高い)、困ったときのノウハウも探しやすいです。

実際かなり助けられました。

また、製作者のレスポンスが早く解決策の提示をしてくれたりユーザーとの情報のやり取りも活発なようです。わからないことを検索すると高確率でCOCOONサイトのコメントのやりとりが引っかかります。

まとめ

最初に1つ、自分の好きなテーマを見つけてみましょう。そこから弄っていくうちに自分の好みや欲しいものが見えてくると思います。

試行錯誤しながら好みのサイトを作る時間ってしあわせです。どんどん変えていくのも変わっていくのも楽しいです。

まずは形にしてから・・・(自分に言い聞かせる)

web関連
\ この記事をシェアする /
\ follow me ! /
スポンサーリンク
Nyantastic Life

Comment