超大型台風19号

※アイキャッチ画像はいやすとやさんからお借りしました

超大型台風来襲

前回の台風15号から約1か月後、関東では2019年10月12日から13日にかけて超大型台風19号が通過しました。

どれくらい大きいかと言うと、日本がすっぽり入るくらい。勢いも収まらず、記録的な台風ということもあって交通機関は軒並み運行停止を早々と発表。スーパー、コンビニなども休業を発表して「とにかく家から出るな」のかまえでした。

ガラス飛散の防止に拡散された情報で養生テープは売り切れ。大きいサイズのブルーシートなども売り切れていたようです。

停電に備えて電池、バッテリー、ガス缶、火を使わずすぐ食べられる食糧としてパン類も売り切れていました。とくに人口の集中している都内近辺では早めに水も売り切れていた様子。

準備できたこと

前日夫の帰宅後まで買い出しに行けなかったのでパンやガス管などの補充はできませんでしたが、考えられる準備として家まわりの整理はしておきました。

強風に備えて玄関にしまわれた植木鉢たち。

停電してもしばらく冷蔵庫がもつようにビニール袋に水道水を入れて縛り3つほど凍らせておきました。

・浄水器を通さない、沸騰させていない水を凍らせる。

・なるべく冷凍庫に隙間のない状態が好ましい。

・停電の際は氷の袋をひとつづつ冷蔵庫に移して保冷させる。

・溶けた水はそのまま飲める。

・日本の水道水は軟水なので猫にも飲ませられる。

一応夫がペットボトルの水も何本か確保してきてくれたのですが、念のために凍らせておいた水も使えるように。

夫も車のガソリンは満タンにしてモバイルバッテリーも用意。

当日

当日は早めに入浴して浴槽に水をため、台風情報を欠かさずにいた以外は普段通りに過ごしました。

そわそわしていると猫たちも不安になるのでいざという時まではいつも通りに。

雨こそ強かったものの風は思ったほどではなく、幸い停電もなかったのですが夕方から入る各地の河川氾濫の情報、市内でも河川近くの地域には避難勧告が出て防災アラームが頻繁に鳴りました。

緊張していたのか疲れたので22時前に仮眠を取りに寝室へ。防災アラームに起こされるんだろうなぁと思いつつベッドに入りましたが鳴ることはなく、深夜に目が覚めた頃には台風は東北に移動して雨も風も落ち着いて虫も鳴くような静けさでした。

その後

台風の過ぎた三連休のまんなかは朝方寝て昼過ぎに起き、ぼぉっとした感じで過ごしました。

翌月曜日は食料品の買い出しに行き、いつも通りの品ぞろえに安心しましたが、午後からの雨に台風で氾濫した河川の復旧がのびることが予想されます。

特に長野の千曲川流域の被害がTVで放映されていますが、河川の集まる東京湾周辺の多摩川、荒川、その支流なども被害が多くやはり大きな台風だったのだと、わが家は無事でしたが運が良かっただけなのだと実感します。

新幹線の1/3が水没した長野新幹線ですが、東京ー長野間は運行中とのことで、上田祭りその他予定されているようなので観光客の足が遠のかないことを祈ります。復興支援は現地に行ってお金を落とすこと!

今回15号と違って風が強くならなかったのは幸いでした。(ソーラーパネル飛んだらと気が気じゃなかった)

家が無事だったこと、避難せずにすんだこと、水害も停電もなかったこと、本当に良かった・・・。

猫を連れての避難が難しいのは想像できるので、雨の中キャリーを担いで避難所で拒否られるよりはできるだけ家にいたい。実際家に被害が出たら車中泊だと思ってます。配給などは登録しないともらえないので避難所に行くだけは行きますが。

思ったこと

台風の備えについてはネットの情報が大きかったです。

国の防災対策アカウントからの呼びかけ。台風によくみまわれる地域に住む人達からの事前準備情報。ガラス屋さんの飛散対策。15号で被害にあわれた方たちの「これがあるといい」呼びかけ。

報道に関しても、交通機関の運休が決まっていたので台風の情報だけが得やすかったです。

まだ雨が降っていて氾濫した河川の水害に巻き込まれた方は復興がなかなか進まないと思いますがどうぞご無事で。二次災害などには注意してください。

 

家族と日常
\ この記事をシェアする /
\ follow me ! /
Nyantastic Life

Comment