第21話 蛮族クエスト

クラフターの蛮族クエスト

クロです。

革細工師を始めてから手をつけていたイクサルの蛮族クエストが終わりました。イェーイ。

意外と長かったなー。モードゥナやクルザスにも足を運んだよ。

第11話 クラフター始めました
マテリアを嵌めるために クロです。 FFXIVの装備には穴があいている物があって、そこに嵌めると性能が上がるマテリアというものがあるんだけど。 これを嵌めるにはクラフターのレベルが上がってないといけない。(レベルに対応したマテ...

イクサルの蛮族クエスト

一般にはガルーダを信仰してテンパードになり下僕となり果てているイクサル族。

だけど「ガルーダなんて俺たちをいいように使うばかりでちっとも願いを叶えてくれねぇじゃねぇか!そんなやつに頼るより自分たちの手で空をめざすぜ!」という熱い志をもったイクサル族もいた。

そんな彼らとエオルゼア最大手の飛空艇運航会社ハイウィンド社の御曹司があれやこれやありながら独自開発した飛空艇で空を目指すことに協力することになった冒険者(クロ)!

おかしい、最初はたしか双蛇党からの依頼で「なんか怪しい動きをしているイクサル族がいるから捜査してくれ」って話だったはずでは?

飛空艇を作るイクサル族のリーダーの師匠とハイウィンド社御曹司タタラムの祖父はかつて共に同じ空を目指す同志だった!

そしてイクサルから教わった技術をもとに今のハイウィンド社はあったのだ!

そのことを隠すハイウィンド社の社長(父)との確執などありながらも、最後は完成した飛空艇を操作するタタラムを皆で応援して人とイクサルの種族を超えた絆は大団円で終わったよ。

物語を追いつつ革細工のレベルも上がって満足満足!

納品物にHQ(ハイクオリティ)品を求められたりするのでスキル回しの勉強にもなるしね。

戦闘職だけでなくクラフター用の蛮族クエスト(ギャザラーも必要なんだけど)があるっていうのも面白かった。

モーグリ族の蛮族クエスト

イクサルの蛮族クエストをやってたら革細工師のレベルが60を超えた!

そのおかげで、雲海のはしっこでずーっとクエスト受領不可の赤いマークが出たまま放置されていた人に話しかけられるようになった。そして話しかけたらモーグリ族の蛮族クエストが開始された。

これはクラフターだけの蛮族クエストみたいだ。

荒れたままのドラゴン族の遺跡を修理するために、人とモーグリ族が遺跡復興団をつくり修復していくストーリー。

なんだけど、まぁモーグリ族といえばイタズラ好きで怠け者で最初は仕事にならない。

それをイシュガルド屈指の名工のおじいちゃんが師匠になり上手にモーグリ族を使えるように教育していく。

さすが何人もの弟子を世に送り出した年寄りはモーグリの扱いもうまいぜ。

手始めに荒れていた広場が修復されてきれいになった。

労働と創作意欲に目覚めたモーグリたちを助けながら、ドラゴン族も巻き込んで修復作業を進めていくぞ~。

 

 

 

 

 

コメント