夫と子猫

子猫、夫になつく

夫にとって飼うのは初めての猫。

まだ目の青い生後2か月の子猫を、新しい環境になれるまではケージで過ごさせます。ごはんとミルクを小皿に出し、小さい猫トイレと寒くないようにブランケットを用意。

人間が起きている手の空く時間はケージから出し、なるべく一緒にいてコミュニケーションをはかります。

まだよちよち歩きながらも好奇心にまかせて部屋の中をウロウロする子猫。くっついて昼寝する子猫。そのころ主に自宅で仕事をしていた夫も、ちょこちょこ仕事部屋から様子を見に出てきます。

そのうち夫によじ登り肩に乗ることを覚え、たまに一緒に昼寝したりしていました。

※夫の肩に乗る子猫

夫、デレる

まだ甘えたい盛りの子猫は、よく人間に吸い付きました。その後飼ったどの子もそんなことはしなかったのですが、この子にだけはやたらチュパチュパされた覚えがあります。

※夫に添い寝する子猫

なぜか夫のほうが好んでチュパチュパされたので、当時夫の腕や首には子猫がつけたキスマークが絶えませんでした。

「しかたないなぁ~」

と、デレッデレな夫はこの時点でかなり猫が好きになっています。

目が離せない

子猫の行動
子猫、なじむ 行動範囲の増えた子猫。寝るとき以外はケージの外で動き回っています。そろそろ目の青みもとれてきました。 鏡に映った自分の姿をみて飛び跳ね初めて逆毛をたてたり、段差があればちょっと高いところにも乗れ...
猫のこと
\ この記事をシェアする /
\ follow me ! /
Nyantastic Life

Comment